読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログについて考えてみた。<どんな感じにしていこうかな~>

こんにちは!

コーヒー大好きっ子のあつです。

実は僕はミクシィ時代から何年も投稿をしてるのですが、

そこでは友達のみの投稿にして、安心感があるので本音を書いていますが、

やっぱり本音を書くと、人の心に残るような気がして、もちろん下さないことばかり書いてたら、あいつバカだwになりますが、

ブログでは、不特定多数に読まれるので作りこんでしまったり、

あーありきたりな記事だなーとかなりますよね?w

 

タイムラインは、ひらめきを瞬間的に文章に残せるので内容が濃いように感じますが、果たしてブログはどうなるのでしょうか???

 

何年もブログを読んできてますが、一つの記事に大体1つのテーマで深く掘り下げるのがいいんでしょう。

そのほうが読み手も理解しやすいし、あっち行ったりこっち行ったりはストレスだからな。

今はブログについて考えてますが、色々なブログがあるものだ。

あまりに太文字や色を多用するのも逆に見にくかったりしてなw

 

自分というキャラを演出する場として、なかなかいいツールかもしれないとは思う。

キャラを作るといっても、あまりに自分の本質から離れていると、読者もそれに気づくだろう。

 

背景の画像や枠の色などをいろいろ自分の雰囲気に合わせると自分らしさが出ていいかもしれない。

自分のファッションに精通するものがある。

見た目の印象、文章の印象も、ブログからその人となりが垣間見れる。

 

はたして何を基軸に書いていこうか。。。

経済、大家業、農作業、株式、少林寺拳法、農作業以外はそれなりにやってきているが、こまかな数字や理論を参照にしたり、という感じでブログは書けないだろう。

毎日の日経や、ブログ、企業の決算書などは見ているが、

おそらく頭の中は、今までの蓄積された経験による雰囲気で判断している。

 

理論や理屈より、直観によって自分に合うブログや人を選んでいる。

参照に、僕はずっとトランプを応援している。

 

なので、確かな有益な情報は提供できないかもしれないが、自分の感じている方向性を文章に起こせればいいと思っている。記録に残すことで、読書からの知識をアウトプットできたり、記憶に定着させやすいと感じているからだ。

 

完璧な自己満足のブログになりそうですが、タイムラインでひらめいたことを、まとめていけるサイトにしていきたい。