読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働き方について<投資について考える>

こんにちは!

コーヒー大好き子のあつです。

さて、毎日毎日ブログのネタなんて転がってないわけですが、

書き続けてみようかと思ってます。

ええ、完璧なる自己満足です。

 

働き方について少し考えてみる

僕はブログでも自分の同業の不動産賃貸のブログや株式ブログを読んでいるためか、

資産に働いてもらう、お金に働いてもらう、という潜在意識が当たり前になっている。

不動産投資については、先行きが否定的なのでお勧めしないが、

何かの状態になるためには、行動しなければならない。

願っているだけではいつまでも変わらないんだと、つくづく思う。

 

行動すれば、小さな失敗から大きな失敗まで付き物だが、またおいおい書いていくことにする。

 

そして継続することが最も大事!です。

さらには、死なない程度にリスク管理をする!ことが継続させるために最重要です。

それは、資金的に自己破産してはなかなか立ち直れませんし、そこまでいかなくても、完膚なきまでに叩き潰されると、メンタルがやられてしまいます。

また立ち直る程度の傷にしておかないといけない。

それは人によりけりだし、他人が適切なアドバイスをできるものじゃない。

自分で経験して、ここまでは大丈夫のラインを把握すること。

そして経験を積んで慣れることで、そのラインを深堀りすることだ。

 

僕は祖父が作ったアパートローンの3億で、心の病になった。

24の時だ。あれから10年。

1億4000万、借金を返済してきてるが、

これはギリギリの状態だった。ほとんど死んでいたようなものだ。

女性との縁も遠のいてしまった。

2億も3億も借金があったら、もちろん資産もだが、女性はお金目当てでなければ気後れしてしまうものだ。

障害持ちになってしまったしな。

 

だから、自分の人生が狂わない程度に、リスク管理をしながら挑戦することが必要だろう。

むやみやたらに大きなことを描くのは夢物語だし、蛮勇でしかない。

 

とまあ、働き方改革で、もし投資で副収入を考えたときに、ちょっとした注意点を書いてみた。

 

僕は不動産賃貸で10年、株式投資で8年になる。

ずっと勉強して、携わってきた。

そのなかで思うのは、初心者がポンと手を出してもなかなか継続的に上手くいかない。

僕は株式でも400万以上、損して撤退している経験がある。リーマンショックから1年後ぐらいの頃だ。

ほんとにいつもいつも下げていた。安倍総理がでてくるまで株式なんて上がらないんじゃないのとさえ、感じていた。

失われた20年と言われ、ひと時は株が上がっても、こんな日本では景気も株もよくならないよ、と悲観的だった。

今の上昇相場だから、株にみんな意識がいっているのであって、あの頃はほとんどの人が株なんて怖いと思っていただろう。

 

8年、そういう雰囲気の波をずっと感じてきた。

デフレで現金預金が一番安全だったのも、みんな投資をしない原因なのかもね。

 

僕が言いたいのは、継続することで、失敗も成功も自らの経験として力になり、市場の雰囲気は出来事、経済指標などを感覚的に、自分の感性を育てながら察知するようになるのではないかと言うことです。

まさに熟練する、ですね!

僕はまだまだひよっこですが!w