読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変化を楽しもう!

こんにちは!

コーヒー大好きっ子のあつです。 

おそらくインターネットや世の中の本などの情報はこの世に出尽くしてる感はあるような気がします。

 

今日は、自分の変化について自分の意見で書いてみる。

30も半ばになると、いろんなものが固定化されるように感じます。

それは子育てだったり、長い仕事の拘束時間だったり、僕が最大に懸念しているのは脳の老化、固定化が進んできてるのではないかな~と思うのです。

 

周りの同年代は、みんな映画に観に行かなくなった、新しく音楽を聴きこまなくなった、仕事でパソコンを使わない人はPCを使わなくなった、新しいハイテク機械を遠ざけるようになった、ツイッターなどがわからない、などなど、、、

 

若いころは、周りに感化されてどんどん新しいものを取り入れていったのではないですか?

なぜいつの間にか、これでいいと新しく取り入れるのをストップしてしまうのだろう?

 

子供の成長にすべてをささげてるのでしょうか?

 

確かに僕は子供がいない。だからその意味を理解できないかもしれない。

でも子供と同じように親も変化すればいいのではないのですか?

子供だって、うちの親は若いと喜んでくれると思います。

 

と、まあ極論ですが、人によってはパソコンは使うけど映画は観に行かなくなったとか、ばらつきはあるんでしょうね。

 

なぜ日本のサラリーマンは黒髪が基本で他の色は認められないんだろう?

まあ、たまにちょっと茶髪にして白髪染めをしている、ちょっと活かしたサラリーマンも見かけるんですけどね~

お堅いイメージって、黒髪もそれが似合う人ならいいけど、遊び心とできる仕事人のイメージって重なってるように感じるんですが、それは上手な息の抜き方や違う世界をもっていることで話題も豊富になったりストレスへの耐性が上がるような気がしてなりません!

 

人付き合いもコミュニケーションで成り立っているので、人間的に豊かな人がどうしても有利な世の中になっています。

 

まあ、サラリーマンの世界がそういうお堅い世界ならそれはそれでしょうがないです。

僕は自宅での仕事なので、髪の毛を染めたり、平日に旅行に出かけたり、自由な感性でいたいです。

この生活がお金がかかるかと聞かれれば、サラリーマンで一人暮らしで通勤手当が出ない人より、よっぽどコストがかかってないと思いますけどね。

 

自宅の近くで働いて、まずは親元でお金を貯めて、そのお金でお金に働いてもらうことをして、ローンをできるだけ組まない、スマホは格安スマホにする。

 

僕は仕事や生活でスマホをヘビーユースするので、念のため既存のスマホですが。

 

固定費を下げて、収入を2万でも3万でも増やせば、オシャレや変化を楽しむ余裕は生まれるんじゃないかと思うんですけどね~

 

若いうちに飲み食いしすぎて散財してるのではないのですか??w

煙草も酒も僕はあまりやらない。

周りに流されて煙草をやれば、一か月1万の固定費のアップだ。

それでいてお金がないないと言ってる人も多い気がしてなりません!

 

では。